レジ袋の大きさがわかるたたみ方


レジ袋の大きさが分かるたたみ方

ビニール袋が大量にある時、

「開いて、あぁーこの大きさじゃなかった…。」ということありませんか?

今回は「簡単にできる大きさのわかる袋のたたみ方」をご紹介させていただきます!

bag2 袋の底から4分の1ほど
下から上に1回折ります
bag4 さらにもう1回上に折っていきます。

くるっと巻くように上に

bag5 3等分して左側を真ん中に向けて
折りたたみます。
bag6 今度は縦に、左端を中心まで
bag7 下の部分を袋の手持ちが
出ているところまで折ります。下から、手持ち部分の付け根部分まで↑
bag8 持ち手の部分を袋と袋の間に隙間があるので
そこに入れ込みます。
bag9 完成です!!
bag12 カゴに収納!

写真は無印良品のカゴです。

bag11  たたんでも大きさの違いがわかります。
これで、だいたいの大きさがわかるようになりました。
袋を開いて、
「これじゃないっ!あれじゃないっ!」っていう
イライラは解消されます。
bag13 同じ大きさで揃えたいときは
収納するカゴには油性マジックで印をつけて、
それを目安にするといいです。
bag14 折込広告で作るゴミ入れがスッポリ収まるサイズ
三角コーナーの替わりに
生ごみを入れて一杯になったら
袋ごと捨てることができます。

 

 


タオルの畳み方

弊社のトイレ用に使用しているタオルでご紹介したいと思います。 弊社のトイレで使う…

使い捨てできるカウンタークロス

皆さんは台ふきんはどんなものを使ってますか? 弊社スタッフは、今まで布のふきんを…


Copyright © 2017 有限会社伊藤鈑金工作所 All Rights Reserved.